« May 2010 | Main | July 2010 »

2010.06.27

ビワに小鳥が群がっています

ピチクリ、ピチクリという鳴き声に気づいて窓から覗くと、ビワの実に小鳥が群がっています。こうなってしまうと3日で食べ尽くされてしまいますので、人間の食べる分を確保して、ビワのシロップ漬けを作りました。皮を剝きすぎて親指と人差し指の爪が黒くなってしまいました。

10_0627


10_0627b


| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月ワイン会

今月のワイン会は「イタリア」でした。私は、Vino Nobile di Montepulciano 2006 Crocianiを持って行きました。

イタリアワイン好きがこなかったのが残念でしたが、変わったところではランボルギーニのワインがでました。普通のワインでした。まずはスプマンテで乾杯して、来月はシャンパーニュの会にすることに決めました。

私の持って行った物も含めて、どれも驚くほど似た立ち香で、それぞれ個性はあるもののボルドータイプで洗練されていました。最後の Montefalco SAGRANTINO 2005 Novelliがしっかりしていて一番良い感じでした。

10_0626a


10_0626b

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.23

ヘルシンキ・ビジターズ・ガイド

9月のパリ出張はフィンランド航空を使うので、1泊してヘルシンキ観光をすることにしました。

ヘルシンキ市観光局日本オフィシャルオフィスが東麻布にあるというので、ニッシンにワインを買いに行くついでにガイドブックをもらいにいきました。1階のインターフォンで203号室のノード・マイノス株式会社を呼び出すと、1階までガイドブックを持ってきてくれました。

1日なら1時間半のバスでの観光が付いているヘルシンキカードがお勧めと言われました。「かもめ食堂」のロケに使われた店も勧められました。私は興味あるけど、後の2人に一応聞いてみることにします。

疑問に思っていたバスなどの切符について聞くと、持っていれば良いそうで、刻印をする必要は無いそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.22

給湯器設置

日曜夜に壊れて、月曜に点検に来て、今日新しい給湯器が設置されました。NORITZのOTQ-4701SAYという機種で、294,000円でした。7年安心プラン込みだそうですが、寿命8年ということでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.21

給湯器故障

昨夜、給湯器から黒い煙が出て、お湯が出なくなりました。

TOTOに電話すると、修理はノーリツに委託していると言われて、NTSというノーリツの代理店に来てもらいました。故障した部品の交換に10万、その他2点部品の交換が必要だそうです。2002年の10月に購入して買い替え時なので、新しくすることにしました。

30万円の出費は痛いです。そのうえ、今日は風呂なし。ヤカンでお湯を沸かし、体を拭きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.19

ステレオ7月号にスピーカーの付録

FOSTEXの6.5cmスピーカーが2個付録についているというので、30年ぶりくらいに「ステレオ」を買いました。付録が付いているので特別価格2,200円でした。マグネットは意外に重くて、しっかりしたスピーカーのようです。

10_0619


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.13

ビワとウメを収穫

まだ少し早いようですが、ビワとウメを収穫しました。

今年はどちらも豊作で、手を伸ばせば取れるところにあるものだけで2kgずつ取れました。ビワはまだ甘みは少な目ですが、そこそこ美味しいです。ウメは、ふくはら酒店お薦めの塒(ねぐら)という麦焼酎を使って梅酒にしました。

紫陽花も見頃です。

10_0613b


10_0613a


10_0613e


10_0613g


10_0613c


10_0613d


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.06

久しぶりの畑仕事

今朝は、サヤエンドウが植わっていた場所を耕して、苦土石灰を入れました。ほうれん草を植える予定です。その後は、生け垣の刈り込みをして、午前中は終わりです。

午後はカボチャの周りの草を取って、藁を敷きました。その後、リョービの刈払機AK-3000にナイロン刃を付けて庭の草を刈りました。金属刃のように草を巻き込んで止まってしまわないので、手間いらずです。その代わり、30坪ほど刈り込むとナイロン刃が駄目になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンバレー東京試聴会

神田 損保会館で行われたサンバレーの試聴会に行ってきました。

30分のウインズ タイムをはさんで、前半はシングルアンプを45分、後半はプッシュプルアンプ45分の構成でした。スピーカーはY-25、WS-825、MID(オリジナル ユニット)とすべて自社製品で、アンプの比較がしにくいです。会場のせいか、全体的に音が荒く、音像が大きくなっていました。

シングルアンプは、WA-350B, VP-2500SE, SV-501SE, SV-2 (2007), JB 300Bを聴き比べました。350Bは前に聴いたとき程良くありませんでした。一番高い2500SEは音源によって出来不出来がありました。501SEが無難にまとまっていました。

プッシュプルアンプは、VP-3000SE, VP-3488SE, SV-9T SE, SV-4, SV-2PPでした。シングルアンプに比べ低音が強調され、ボンつき感がでている物もありました。今回は全体的にプッシュプルアンプの方が良かったです。特にSV-9T SEが値段の割にがんばっていました。

LPも2枚かけ、「アナログも良い音でしょう」と言っていましたが、むしろ私にはCDの音の良さを再確認しました。言われなければアナログとデジタルの違いは分かりませんでした。ただし、今回はCDプレーヤは使用せず、HDに保存したデータを再生していました。

ウインズ タイムは、iPAD + SV-20D + SV-19Dで miniA5, 樽シグネチャーVer.2, WE指定箱オリジナル10インチユニットを聴きました。例年よりHiFi的音が出ていたように思います。森田葉月&森川七月のCDが良かったです。

家に帰って、藤田恵美のCDを聴き直してみました。装置によってずいぶん音が違うもので、まるで別人が歌っているようです。自分では極当たり前の回路と真空管のアンプで定評あるスピーカを鳴らして、標準的な音が出ていると思っていますが、それぞれの個性がでるものなんですね。


10_0605a

10_0605b


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »