« October 2007 | Main | December 2007 »

2007.11.23

Leopardをインストール

自宅で使っているMacBookにLeopardをクリーンインストールしました。1年半使ってきて、立ち上がりとシャットダウンに時間がかかるようになっていたのが解消しました。それだけなら、Tigerを再インストールしても同じことですが、今回は辞書に英和/和英と国語辞書が加わったので、それだけで14,000円の価値はあると思ってアップグレードしました。

できるだけ、Appleのお仕着せでやっていこうと思っていますが、SafariをやめてFireFoxにしたくてしょうがありません。そうやっていじっているうちに、また重くなってしまうんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.18

11月ワイン会

11月のワイン会は、当然ながらボジョレー・ヌーボーです。それだけでは足りないだろうと「美和くぼ」という山梨ワインを持って行きました。プチベルドーが入っているせいで独特の香です。その他に上海土産の中国ワインと、最後にボーヌ・ロマネが出てきました。中国産ワインはそれなりに良くできています。ボーヌ・ロマネはせっかく素晴らしいワインなのに、変化を楽しむ時間がなくて残念でした。

今年のボジョレー・ヌーボーは普通のできで、昨年に比べると薄いです。右から2本目のロウで固めてある物と3本目の古木のブドウを使った物が良かったです。

07_1117a_2

07_1117b

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.11.15

ワインのはじめかたセット

今日はボジョレー・ヌーボーの解禁日で、「ワインのはじめかたDS」の発売日です。有楽町のビックカメラに行って、「ワインのはじめかたセット」を買って来ました。組み合わさっているワインは1種類だと思っていたら、4種類の中から選べました。ソフトとワインを別々に買うより少し安くなるようです。

2007_1115

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.08

混合栓交換

浴室のシャワーからポタポタ水漏れがするので、パッキングを交換しようとしたらハンドルがはずれないので、混合栓全体を交換しました。お湯の温度は給湯器で設定できるので一番簡単な物で良いのですが、人気があるのはサーモスタットが付いていたり、シングルレバーの物だったするらしく、選ぶまでもなく1機種しか置いてありませんでした。

交換は簡単で、シールテープもパッキングも付属しているので、説明書通りに10分ほどで完了しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.04

人工大理石スピーカーボックス

アルテックがスピーカーの生産を止めるというので、CF404-8Aという10cmのユニットを買いました。スピーカーボックスをどうしようか悩みましたが、普通のバスレフにすることにしました。その代わり材質は定評ある米松ではなく、人工大理石にしました。米松で作った箱はきれいに鳴りますが、人工大理石で鳴らない箱を作ってみようと考えたわけです。

Spbox

人工大理石スピーカーボックスの特注は、エーワイ電子 に頼みました。簡単な図を送っただけで望み通りの物が送られてきました。

Spbox1

但し、それは大きさだけのことで、予想外に箱鳴りがします。人工大理石も意外にカンカンしますが、裏板を固定するための金属棒が盛大に共振します。そこで、フェルトを貼り付けると共に、金属棒にはボロ布を巻き付けました。フェルトは自動車の吸音・防振用の物です。非対称に貼って、同じ周波数で振動することのない様にしています。

Spbox2

もう少し吸音材を入れた方が良さそうなので、コイズミ無線に行ってシンサレートを買ってきて、1枚丸ごと使いました。

完成してから聴いてみると、ちょっと入れすぎたような気がします。


Spbox3

バスレフダクトも紙製の筒が安く売っていたので、それを使うことにしました。紙といってもほとんど木と変わらず、大きさの調整はナイフで削り出しました。

この紙筒を使うことで、開口面積は24平方cmから20平方cmと小さくなってしまいましたが、結果的にはそれほど影響ないようです。

Spbox4

スピーカーターミナルは付属しますが、ケーブルは付いていません。近所のホームセンターで1m100円のケーブルを買ってきて半田付けしました。

Spbox5

サランネットは手持ちの布の中から高音を吸収しそうな物を選びました。見た目が悪いと言われましたが、当分このままにしておこうと思います。スピーカーを固定するためのネジは人工大理石の色と合う物がないので、付属している方がありがたいです。

バスレフは計算通り、うまく働いています。60Hzまで出ています。上の方は、私の耳自体が12kHzまでしか聴こえないので、どこまで出ているかは分かりません。久しぶりのアルテック系の音は、思っていたほど古くさく感じませんでした。打楽器系の音はとても良いです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »