« September 2006 | Main | November 2006 »

2006.10.29

10月ワイン会

今月のテーマは、私の提案で、「新世界のワイン」でした。ワイン会のためにニュージーランドのワインを用意してあったはずが、当日出してみるとチリワインでした。どうも間違えて飲んでしまったようです。結果的には、予期した通りの味で、どちらを持って行っても同じでした。

チリが2本、オーストラリアが2本、それぞれシラーとカルベネが1本ずつという組み合わせでした。どれも新世界ワインという言葉から連想する荒々しさがない、洗練されたワインでした。地域差はほとんどなく、どれも同じ感じだったと言ったら、Penfolds Grange 1980に怒られるでしょうか。「Penfolds Grangeの垂直をやりたいね」という2人ともっと濃い方が好きという2人に分かれました。私は後者の方です。

当然、飲み足りないということになり、Pichon Lalande 1966が出てきました。流れとしては自然で、上品なワイン揃いとなりました。

061028

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.10.22

春日部高等学校同窓会

春日部エミナースで行われた春高の同窓会に出席しました。同窓会と言っても同期ではなく白岡支部の総会です。100年以上の伝統がある高校なので、早い話、あちこち同窓だらけで、家の近所にも数人います。40人ほどの参加者のうち、現役の人はさすがに1割ほどで、ほとんどが仕事を引退した人です。ゴルフや旅行などの分科会を作って楽しくやっているみたいで、大学の同窓と比べると歳の割に異常に元気です。田舎で暮らしているせいか、あるいは文系の人が多いせいでしょうか。そういえば理系の人の割合が少ない気がしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.19

翠園酒家がない

今週の月曜日に気がついたのですが、新橋の翠園酒家がなくなっています。店の前の歩道は車道からの傾斜がかなりきつくて、なるべく通らないようにしていたので、いつ閉店したのか分かりません。更地になっている囲いを見ましたが、どこにも建替えや移転の案内がありません。このままなくなってしまうのでしょうか。

大きな店だと思っていましたが、更地になってしまうと意外なほど小さな敷地でした。家の家族はあんまり美味しくないと言って行きたがらなかったので、2回ほどしか食べていません。なくなってしまうとちょっと残念です。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.10.09

KPUCジンギスカン

写真はKPUC名物(?)コップシャンパンとジンギスカンです。しかもコップはワンカップの空き瓶。ジンギスカンに良くあいます。今回は18人も参加してにぎやかでした。

KPUC20周年記念誌用に一人ずつ写真を撮られました。

Hi360002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.06

鴻運で上海蟹

今年も鴻運で上海蟹を食べました。2号店ができたせいか、大雨のせいか空いていました。蟹の卵入り炒り卵や蟹卵と豆腐など、初めて食べた時の感激はありませんが、やはり美味いです。ここまで食べてまだ7時半だと思っていたら、蒸した上海蟹を食べ終わった時には8時半をまわっていました。その頃にはいつもの通り満席になっていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.04

Macで動くのはNeoOffice

MacBookでOpenOfficeを使おうと思ったら、Mac OS Xでは分家のNeoOfficeの方がインストールしやすいそうです。NeoOffice本体とアップデート、それに日本語化用ファイルをダウンロードすると、あとは順番にインストーラーを起動するだけで問題なく使えるようになりました。

パワーポイントのファイルも、もともと他言語のOSでも問題がないように作っているので、素直に表示されました。ところが、フォントがWindowsとMac OSで違うので、手直しする時はフォントを変更しなければなりません。スライドの枚数が多いと飽きます。

液晶プロジェクタとも、アダプターケーブルを介して、問題なくつながりました。最近の液晶プロジェクタはいろいろな解像度に対応しているのですね。出始めの頃、苦労したのが嘘のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.02

9月ワイン会

今月のテーマは「ビオワイン」でした。星の動きを見るとか、いろいろ決まりがあるそうで、私の持っていったのはただの無農薬・有機栽培ワインです。ビオワインには、なんとも言えない独特の臭いがあります。還元臭と言うのだそうで、しばらくすると飛んでしまいます。あとは薄いワインなんですが、やはり何とも言えない臭みがあります。まるっきり不快と言うわけでもありませんが、ブドウの香がして欲しい。ビオワインにはブドウの香がしません。

060930

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »