« リエージュでスリにあう | Main | ブルッセル観光 »

2006.09.10

グラン・プラスでムール貝

6日の続きです。

南駅周辺と南駅からのトラムの雰囲気が荒れ果てていたので、その分、グラン・プレスの美しさは印象的でした。広場は大きくも小さくもなく、程良い大きさです。建物の装飾も程良い豪華さで、なんとなく住み心地も良さそうです。

ブリュッセル観光に関しては何も調べていませんでしたが、同行者の1人がガイドブックを振りかざし「ムール貝が名物なのよー」と言います。「あの路地を入った所が美味しそうな感じなんだけどなぁ」と言うと、「もうトルコ料理は食べないからね」と言われて、広場に面した店に入ります。ムール貝がなかったので、ビールだけ飲んで次の店へ行きます。ここはメール貝がありました。その上、シャンパンが50ユーロと安かったので、私はシャンパンだけ頼んで、食べ物は同行者に任せてムール貝のワイン蒸しを2つとあと2皿頼みました。ムール貝は美味しかったですし、5人には少なかったので、あとで1つ追加しました。これで130ユーロ程でした。

帰りは、さっき気になった路地を通ることにして、少し進むと道の両側にレストランがずらりと並び、客があふれています。ガイドブックの写真の通りです。店員が声をかけ、前に立ちはだかり、店に入れようとします。アメ横状態の中を歩いていくと、シェリーの香がします。道に面したカウンターで立ち飲みしています。5人が立ち止まるスペースもないのであきらめて、ホテル近くのバーで飲み直しました。

060907b


060907a

|

« リエージュでスリにあう | Main | ブルッセル観光 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7577/11834449

Listed below are links to weblogs that reference グラン・プラスでムール貝:

« リエージュでスリにあう | Main | ブルッセル観光 »