« 5人旅 | Main | グラン・プラスでムール貝 »

2006.09.09

リエージュでスリにあう

今日帰国しましたが、6日にさかのぼってオランダ・ベルギー旅行を書いておきます。

マーストリヒトからブリュッセルへは、リエージュ乗り換えで、電車で行きました。ブリュッセル行きに乗り換えたとき、同行者の1人がショルダーバックが開けられ、財布をとられているのに気がつきました。ホームに電車が入ってきて、人々が一斉に動き出したときに盗られたようです。私たちの近くにいた老紳士が犯人なら、まったく不審さを感じさせない、見事な仕事でした。

財布の中身は120ユーロとクレジットカード2枚です。「まずはカード止めなくちゃね」と言うと連絡先が分からないと言います。当然カード番号も控えてありません。みんなで「ばか」「まぬけ」と言いながら、控えてあった電話番号からVIEWカードVISAの緊急連絡先を教えると、「携帯でどう日本にかけるのか分からない」と言います。もう、オランダに来て6日目なんですけど、なんのため携帯レンタルしたの?別の人の携帯で電話して、名前と住所などで無事セゾンカードを止めることができて、ついでにオリコカードの連絡先を教えてもらい、こちらも処理終了。

あとは警察へ届けて、保険会社への書類を書いてもらいます。とりあえず予定通りに北駅で降りて聞いて見ることにしました。すると中央駅に警察があるというので、ホテルにチェックインした後、中央駅に行くことにしました。電車に乗ったあと、「切符は?」と聞くので「マーストリヒトからの切符は南駅までだから」と答えると、「23区内だと途中下車すると前途無効だ」とか「ホテルに切符置いてきた」とか言うので「ここは23区内ではありません」、「切符がないと無賃乗車です」とか答えてるうちに中央駅につきました。

中央駅のインフォメーションでお兄さんが元気な声で「警察なら南駅だよ、きーつけてね」と言ってくれます。南駅の警察は、なんだか殺伐としたトラム乗り場の先にありました。被害者が担当者に連れられて奥の部屋に入るのかと思ったら、戻ってきました。「パスポートをホテルに置いてきた」...まぁ、お約束ですね。被害届は明日また来ることにして、グラン・プラスに行くことにして、トラムに乗ります。「この切符は1時間有効なんだね」とか話していると、「どうやって時間計るのですか」「乗車時刻が印字してあるでしょ」「ありません」「どれ、見せて」「はい」「無賃乗車2回目」。5人とも切符にスタンプしたはずなのに、不思議です。市庁舎のある広場は素晴らしい所でした。

|

« 5人旅 | Main | グラン・プラスでムール貝 »

Comments

同行者の方がスリに遭われたとはまた大変ですが(わたしもブダペストの地下鉄でスリに遭いました)、それ以上に団体行動が大変そうですね(うちは大体2人旅です)。ひょっとしたら、団体だから無意識のうちに人任せになってしまっている部分があるのかもしれませんが。無事に旅行を終えられたようで何よりです。

Posted by: yonemako | 2006.09.10 at 10:23 PM

yonemakoさん、ありがとうございます。5人いれば心強いこともあれば、勝手な行動に腹が立つこともあります。今回は、同行者がいて、現金の手持ちを心配しなく良いのがありがたかったです。

Posted by: ICE | 2006.09.11 at 11:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7577/11823886

Listed below are links to weblogs that reference リエージュでスリにあう:

« 5人旅 | Main | グラン・プラスでムール貝 »