« グラン・プラスでムール貝 | Main | 忙しい »

2006.09.10

ブルッセル観光

7日は夜6時まで自由行動です。まんが博物館の前を通って、サン・ミッシェル大聖堂に行きます。朝7時から開いているのはありがたいです。ぐるっとまわって、それからこちらに座り、あちらに座りで1時間ほど過ごしました。冷たいという感じではないのですが、信仰の場という暖かな人間味は感じられず、そうかといって権威の象徴といったわけでもない、ただただ立派で美しい建造物でした。

その後は、ブリュッセル公園を通って王宮へ行きます。10時30分の開門を待って小学生の集団がながーい列を作っています。日本の小学生と同じで、わいわい大騒ぎです。写真は「はやくあけろー」と門を揺すっているところで、先生に注意されたので少しおとなしくなっています。王宮に入ると、先生が資料を見ながら生徒達に説明して行きます。前に進めないので、強制的に時間をたっぷりとって見学できました。

外へ出て、コンパスと地図を使って自然博物館への道を確認します。オランダは天気が悪い→太陽が見えない→方向が分からない→コンパスが必要ということで持ってきていました。ブルッセル北駅で電車を降りるとき「いやぁ、君たちはついてる。こんなに良い天気は滅多にないよ」と言われたので、ブルッセルも天候はあまり良くないようです。日本大使館の前を通って行くと、大規模な工事をしています。歩行者用の通路を歩いて、ビルとビルの間をここは何?と歩いていくと、観光客が数人前を歩いています。ついていくとECの建物でしたが、ちょうど12時で昼休みに入り午後は2時からということで見学はあきらめました。

自然博物館は構造がよく分からず、とりあえずトイレに行って、しばらくロビーで案内図を眺めていました。他にはなかったトイレが、ここには無意味にたくさんあります。見学者がほとんどいないので、他の人について行くという得意技が使えません。どうもエレベータで4階にあがり、階段で下りてくるのがよさそうです。展示は生物標本とその解剖図がほとんどで、ゴキブリやクモ、カエル、魚などは実物がいます。人が来るのが珍しいらしく、白カエルは物陰から出てきました。私を威嚇しているわけでも、エサだと思っているわけでもなく、ちょっとした気分転換にみんな出てきて、なかにはついでに空気を吸いに水面まで上がってくるものもいます。

次は小便小僧ですが、少し離れています。さすがにバスはわからないので、メトロとトラムで行くことにしました。メトロの2号が山手線的に使えます。結局、ホテル近くの駅までメトロで行き、トラムに乗り換えると同行者の1人が乗っています。後ろから近づいて、ワッとやると引きつった顔で振り返りました。1日券を買ってグラン・プラスまですでに1往復して、もう1度レースを買いに行く所だそうです。駅で小便小僧の場所を教えてもらい、分かれますが、私も途中でレース屋でお土産を買いました。小便小僧の前は黒山の人だかりで、順番に小便小僧の前に立ち写真を撮っていました。なぜか中国人が多かったです。先ほど王宮で見かけた小学生達も来ていて、オタクが制服姿の彼女たちと写真を撮っていました。


060907a_2
060907b_1
060907c

|

« グラン・プラスでムール貝 | Main | 忙しい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7577/11840955

Listed below are links to weblogs that reference ブルッセル観光:

« グラン・プラスでムール貝 | Main | 忙しい »