« テルミン | Main | W41Hでワンセグ »

2006.03.04

生・大江健三郎

生・大江健三郎などと言っては失礼ですが、ノーベル賞受賞者を身近に見られるのは滅多にありません。半日の講演会の中で最後の40分ほど「科学と人間」という演題で話したのを聞きました。

東京にいてありがたいと思うのは、いろいろな講演会が近くで開かれることです。その反面、毎年行っていたのに会場が職場から歩いていける所から地下鉄に乗らなければならない所に変更になったら行かなくなるという、怠惰なことにもなります。今回の会場は職場の建物の3階、私の部屋は2階ですからさぼりようがありません。

講演は、戦争が終わったとき科学者になろうと思ったが数学ができず、フランス文学を選んだことなど、導入の部分はさすがに話が上手で引き込まれます。しかし、本題に入るとまったく知らないフランス(?)の哲学者(?)の紹介を軸に難解な話が続き、お手上げです。私なりに「問題は山積みだが未来は明るい」と理解しました。

|

« テルミン | Main | W41Hでワンセグ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7577/8943252

Listed below are links to weblogs that reference 生・大江健三郎:

« テルミン | Main | W41Hでワンセグ »