« January 2006 | Main | March 2006 »

2006.02.22

レモンバーベナ

21日に休みを取って、近所にある産直の店に行ってきました。そうしたら、ハーブ園ができていました。さすが、冬ですのでみんなとろけるように枯れています。家の庭だけでなく、プロでもこうなるんだと安心しました。

レモンバーベナも幹や枝に布を巻かれた状態で植わっていました。ハーブティーや石鹸で気に入って、庭に植えようかと思っていましたが、怠け者には少し難しそうです。

2006_0221

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.12

鴻運&Sherry Museum

銀座 Sherry Museum が15日で閉店してしまうというのでシェリーとアブサンを飲みに行ってきました。

もう変則営業で食べ物は乾き物だけというので、まずは新橋の上海料理店 鴻運で腹ごしらえです。これは少し失敗でした。チャーシューや茄子の唐揚げで生ビールを飲んで、マコモと豚肉のニンニク炒め、ワタリガニのあわ雪炒め、石榴鶏などを食べて、鴻運だけですっかり満腹すっかり満足してしまいました。

鴻運から Sherry Museum まで、のんびり歩いて10分程、7時少し過ぎに店に着くと、私たちが入ってちょうど満席になりました。あまり甘くない物からだんだんと甘口に飲み進んでいきますが、紅茶系というリクエストに対し薄い緑色でレモンティーの香のシェリーが出てきました。すっきりした口当たりで、酔いが覚めていきます。この辺りでアブサンを頼みます。いろいろタイプを上げてくれた中から「アルコール度数高め」を選びました。これは氷シロップの様な緑で、鼻をグラスの5cmまで近づけるとガツンときつい香がします。アルコール度数86(?)%と言うことで、飲んでも強力です。最後のシェリーには、とってもトロトロなのを選んでもらいました。

美味しい料理を食べて、美味しいシェリーを飲んで、まだ9時半、なんて健康的な一日だったんだろうと駅に向かうと「今日はまだワイン飲んでいない~」と言い出すやつがいて、結局ワインを飲みました。さすが1本は空きませんでした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.02.09

ライブドアマーケティング株

ストップ安が続いていたライブドアマーケティング株が先週の金曜に値が付いたので、200株買ってみました。

かみさんに話したら、「そんなマネーゲームをしてはいけない」と怒られました。そうではなくて、セシールの株の70%を保有しているから550円は割安感があると説明したら、「セシールって最近聞かないね」と言われました。そう言えば、届いてるカタログはニッセンとPJです。ちょっと不安になったので、ストップ高2日で750円になった所で売ってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.05

KPUC新年会

今年はKPUC(久喜パソコンユーザーズクラブ)創立20周年なので、記念誌の原稿を持って行きました。最近のことより昔のことの方を良く覚えているのは、年のせいではなく、パソコンが日進月歩で進歩していたからでしょう。

会の運営は新年会で行われるオークションの売り上げで賄っています。ほとんどの品物は100円から1,000円で落札されますが、今回は3年前のフル装備機と19インチ液晶モニターが出たので、売り上げ総額は予定額を大きく越え、7万円になりました。

2005_0205

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.04

お昼新メニュー

昼ご飯は職場で適当に食べていますが、新たなお気に入りメニューができました。それは納豆ご飯です。レトルトの白飯を電子レンジで温めて、そこにキューピーパスタソース「納豆」を入れてかき混ぜます。オリーブオイルと醤油で、これだけだとマーガリンご飯に近い味です。そこに、乾燥した納豆とのりが加わります。

調理例には納豆おろし餅が載っていますので、そのうち挑戦してみたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.02

1日は映画千円

MOVIX さいたまでは毎月1日は1000円なので、行ってきました。職場で「何を観たの?」と聞かれたので、「単騎、千里を走る。」と「最終兵器彼女」と答えたら、どんな映画か知らないらしいです。「単騎、千里を走る。」はテレビでCMをやっていますが、知らない人は知らないんですね。

高倉健の演じる高田剛一は、高倉健の演じるいつもの役柄で、展開も結末もすぐ予想がついてしまいます。善人ばかり出てきて、風景も美しく、楽しく観ることができました。

「最終兵器彼女」は、ちせ(前田亜季)とシュウジ(窪塚俊介)がちょっと高校生には見えないのが難点です。年をとってる分だけ演技に落ち着きがありますが、荒さが出るくらいの方が良かったと思います。映画としては、ほぼ完璧なできで、私が作ってもこうなります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »