« December 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.29

入試監督&横浜中華街

土曜日は、入試監督でした。今年は、机の上に筆記用具以外の物を置いていたり、答案に名前を記入していなくとも個別に注意してはいけないことになりました。「監督官の説明を聞けないような学生はいらないでしょ」ということだそうです。私たちの担当した100人のうち、定規を置いていた者が1名、受験番号と名前を書き忘れた者が2名いました。ちょっと気の毒です。

その後、「出張でパシフィコ横浜に来ている」ということで呼び出されて、みなとみらい駅まで行きました。改札を出る前にメールすると、中華街に行こうと言うことになり、そのまま元町・中華街駅まで移動しました。みなとみらい線で中華街に来るのは初めてで、帰るときになって気がついたのですが、私は東西を逆に考えて歩き回っていました。春節の前日ですが、特に混んでいると言うこともありませんでした。つまみのメニューが500円均一だった天外天という店で、つまみ5品と生ビールを頼み、飲み始めました。中華料理屋で飲むビールは旨いですねぇ。なんででしょう。ピッチャーから自分で普通のグラスに注いでるだけなのに、とても美味しいです。料理は香港風です。

追加した上海蟹入り小籠包と五目入り豆腐を食べ始めた所で、失敗が発覚しました。いつも5,6人で食べるので、2人にはつまみ5皿は多すぎました。お腹いっぱいです。ちなみに試験監督のお昼は中華バイキング、会議のお弁当は横浜らしく中華風だったそうです。そのせいか、あまり食べられず6,500円と安上がりですみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.21

雪見酒

今日は朝から晩まで1日中雪です。当然、雪見酒だよねと豊盃・純米吟醸を燗してみました。片口を持って部屋に戻ると空気清浄機が動き出します。空気中のエタノールを除去してくれるのでしょうか?燗酒が冷えた体に浸み渡り、2合をあっという間に飲んでしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.15

1月ワイン会

毎年、正月は良い(高い)ワインの会です。しかし、あまり高い物では当たり前すぎて面白くないし、そもそも買えません。そこで Caves Auge Hautes Cotes de Nuits Blanc 2001を持って行きました。

コルクがとても良い、甘~い香がします。ワイン自体は、ハチミツとナッツの香がして、飲んでみると柔らかく、それでいて厚みのある味です。みなで、「シャルドネだけなのかな、だよね」と言いながら飲んでいるうちにシャルドネの香が出てきました。樽の香が絶妙です。なかなか次のワインに移らず、ほとんど空けてしまいました。他のワインも良い物が揃っていて、どっぷりワインに漬かりました。

2006_0114

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.09

珈琲パウエル

3連休なので久喜にある 珈琲パウエル に行ってみました。「くきブレンド」を頼んだら、ごく普通のコーヒーでした。そして、ごく普通のジャズがごく普通の音で鳴っていました。このさりげなさは、けっこう凄いんじゃないかな。文庫本1冊持って行きたくなる店です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.01.04

ダイエット

2kg減量して、本日、70kgを切りました。ウエストが締まっただけでなく、血圧が下がり「高校生かい」という値になりました。

その代わり、筋力トレーニングのせいで無用の筋肉がついて、アンダーシャツが小さくなってしまい、靴磨きに使うことにしました。30cm四方に切った布を畳んでいると、とても手触りが良くて上等な生地なので、靴磨きが楽しくなりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.01

大掃除の成果

年末恒例の大掃除をして、かみさんに「床の本をかたづけて」と言ったら「本棚が誰かの本でいっぱい」と言うので、久しぶりに本棚の整理をしました。そうしたら、10年以上前の雑誌に混ざって、私の初めての論文が出てきました。学生の時の実験を引き継いでもらって論文になったもので、出したことは覚えていましたが、どの雑誌に掲載されたか分からなくなっていました。

「大掃除のおかげで、見つからなかった論文が出てきた。あとは学位記だな」と言ったら、かみさんが「ばぁちゃんが仕舞ってたよ」と言って納戸の中から見つけてくれました。家も職場も何度か引っ越したので、いろんな物が行方不明になっています。学位記は、「博士号を与える」という免状で、実物を見せろと言われることはまずなく、私の先輩にも無くしてしまったり、ねずみに囓られてしまったりした人がいますが、彼らを笑うには自分がちゃんと持っていなくては話になりません。初論文と学位記が見つかって、本当に成果の大きな大掃除でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »