« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.31

台風一過

今度の台風は、すごい風でした。家ではハカラメの葉が散らばっていたくらいでしたが、裏の神社では桜の木が1本根本から倒れ、銀杏も青いまま実がすっかり落ちてしまったそうです。明け方、庭をのぞくと、ネコ達が風に舞う落ち葉を追いかけて走り回っていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.29

4サイクル・スクーター

10年間乗っていた50ccのスクーターを買い換えました。ホンダの製品はすべて4サイクルエンジンになったそうで、音が静かです。加速が2サイクルエンジンに比べて悪いということでしたが、ゆったりした加速でむしろ高級感を感じます。排気ガスもきれいなんだそうで、また10年乗ると考えると良い買い物かなと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.22

8月のワイン会

8月は暑いからお休みかと思っていたら、ちゃんとありました。テーマは「フランスでボルドー、ブルゴーニュ、...以外のワイン」で、あまり知られていない地方のワインを飲もうと言うことでした。なかなか見つからなくて、ようやくマルシヤックという南仏とボルドーの中間にある村のワインにしました。きれいで華やかな香がして、ほどほどの味でした。

2004_0821.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.20

秋の虫

ふと気が付くと、庭は虫の音であふれています。締め切った室内で、毎晩オリンピックの中継を見ていたから気が付かなかったのでしょうか。それとも今日から鳴きだしたのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.15

PHSはどこへ行く

半年ほど前までアステルのPHSを使っていました。ところが、新機種が出てこない上に、地方によってはサービスを終了し始めたのでauに乗り換えました。また、PHSはコードレス電話の子機としても使えるのですが、電話機を買い換えようと調べてみると、すでにPHSを子機として使える電話機はなくなっていました。外ではPHS、家では子機というPHSの本来の姿はなくなってしまったわけです。PHSカードはまだ現役とはいえ、PHSの元気のなさはちょっと寂しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.13

頭の体操

大人用ドリルが老化防止に役立つというので売れているそうです。私も、ここからリンクしている『技術系サラリーマンの交差点』で出された「5年考えて解けなかった問題」に挑戦してみました。中学生レベルなんだそうですが、久しぶりなので、なかなか解けません。解いているうちに頭が働きだして、3つの2等辺三角形を組み合わせた問題であることが分かりました。きれいに解こうという試みはすべて失敗し、なんだか納得できない解法になりました。それも正解と認められるか心配です。5日間で頭のサビ落としが、だいぶできました。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2004.08.11

ブドウとイチジク

今年はブドウが豊作で、ブドウの木に近づくとほんのりと香りがします。雨が少なかったのが良かったのかも知れません。触るとブドウの粒が落ちてくる食べ頃です。イチジクもほどよく熟した物が4個取れました。夕食の前に、ブドウとイチジクでワインを飲みました。干しぶどうと干しイチジクを作れたら保存が利いて良いのにと痛感しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.07

ベルギービール

昨日は御徒町のふくはら酒店でベルギービールの試飲会がありました。10種類飲んだ中では、写真のオルヴァルが一番気に入ったので買ってきました。修道院で造られるトラピストビールだそうです。苦みもしっかりある濃い味です。

2004_0807.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.05

カエル

職場の女性たちに人気のカエルのぬいぐるみです。柔らかくて、抱きしめると気持ちがいいそうです。液晶ディスプレイの枠には、サプリメントの入っていたカエル型容器、その左の本の上にはまた別のカエルがいます。

2004_0804.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビッグイシュー第11号

今月も御徒町駅のアメ横に行く横断歩道の所で買いました。来月から月2回発行になるそうです。そのせいか、今月は内容が充実していました。「書くという仕事-世界を拓く7人の若い作家」は、面白そうな、そして知らない作家ばかりで、読んでみたい気になります。

2004_0805.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.02

マイナスイオン

今さらという感じもするのですが、マイナスイオンについて考えてみました。マイナスイオンの性質、ある程度の時間安定に存在して、殺菌作用や消臭作用があることから、すぐ思いつくのはオゾンです。マイナスイオンの発生方法とされている紫外線照射とコロナ放電では、オゾンが生じることが知られています。私の感じでは、マイナスイオン=濃度の低いオゾンなのですが、化学者たちに聞いてもあまり肯定的な返事が返ってきません。

では、市販のマイナスイオン発生器を調べてみれば良いかというと、発生するマイナスイオンが1mlあたり数千~数万しかありません。数万個というと多いような器がしますが、仮に空気がすべて窒素だとすると、窒素22400mlには6×10の23乗の窒素分子が含まれています。10の23乗とは10億×10億×10万です。したがって、窒素1mlには3×10の19乗の窒素分子があり、そこに数万個のマイナスイオンがあっても10の15乗(1000兆)当たり1個にしかなりません。濃度を表すppmは百万分の1、その下のppbは10億分の1で、その下の1兆分の1はpptになるはずですが、使われているのを見たことがありません。1000兆分の1になるとさらにその下の単位になります。

さて、どうしたら良いものやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »